陰陽絵巻お伽草子

陰陽寮の愉快なお仕事仲間達【一】

 

雪明殿アップ改.jpg

綾乃月 雪明 殿【あやのつき ゆきあきら】

 

陰陽師
担当部署:天文道【天文博士】
20代後半くらい?
夜の美しき月を愛でるのが好き
性格は
優しいけれど、、、
感情的になることなく
顔にも出さない
余計なことは言わない
こちらが気づくまで見守ってるタイプ
そんなだから相手をハッとさせたり、
心に深く響かせることになる
こんちゃんの前でたまに本音をポソリと言う
幼少時から礼儀正しく言葉遣いも所作も美麗
こんちゃんの相方ながら
お互いに師であり弟子であり
切磋琢磨な毎日を過ごす
なんとなくこんちゃんの正体は知っている
ご自身の実力はよくご存知で
他人に対してもわきまえてる感じ
陰陽道の内容に関しては忠保殿と同じようにオールマイティ。
中でも天文道に秀でていたので若くして天文博士を担う
式神使いや調伏、祓えに関しても陰陽寮内でピカイチの実力
それについては持って生まれた才能なのだけど。
ただし占術に関しては暦博士である忠保殿の方が上。
元々陰陽道の家系出身ではなく
幼少時に憲忠様に才能を見出されスカウトされたけれど
調伏祓え関係以外は学生(がくしょう)時代からかなり努力してきた、、、はず
『あんまり本音を言わないところが、
ごくたまにめんどくさい時があるな』と、
忠保殿はため息をついてる
こんちゃん的な見解では
『雪明殿も忠保殿もお互いに対して考えてることはおんなじなんだよなぁ、
おふたり共負けず嫌いなところと地道に努力するところはクリソツなんだけど』
って感じてる
珍しくこの歳で未婚なので
仕事柄女人にモテてますけど
本気でお相手したことはない、
のかもしれない
好みの女人もいるし
決して打算的ではないけれど
恋愛に関してまである意味理性的
陰陽寮の上層部になればなるほど
ある意味時間の大切さが解ってくるので
ご自身の人生にとって必要な恋愛以外は無用と思ってる感じ
問題は、
醒めた目で見て対応してる割には
誰に対しても優しく接するから
女人関係で勘違いされて困った事があった、、、かも
心中で本音と建て前はしっかりと区別してたりする、、、


 
 

こんちゃん

こんちゃん

 

不思議な不思議な謎の人物?

 

ウラオモテのない発言をガンガンする
見た目、雰囲気、所作やしゃべりが宮様クラス
それゆえに周りから一目置かれているので
笑って許してもらえちゃうおトクな方
今上帝か前帝の落とし胤?とかウワサにもなった
側から見ればイタズラをしてるように見えるけれど
本人にはそのつもりは全くない、こまったちゃん
時の鐘を時刻よりも早く鳴らして
守辰丁(しゅしんちょう)たちをビックリさせたり、、、
水時計が大好きでいつも
ときつかさの漏刻博士(ろうこくはかせ)や漏刻生たちの悩みのタネ(^^;)


 
 

在御門忠保 アップ

在御門 忠保 殿【あきみかど ただやす】

 

陰陽師
担当部署:暦道【暦博士(れきはかせ)】
御歳は30代前半くらい?
雪明殿よりも5歳くらい年上
ときつかさ担当の漏刻時計(水時計)がメンテナンス時に、
自ら香時計をセッティングするのは
もはや趣味?
香の知識は豊富のようです
在御門家継承者である憲忠様の長子
優しいけれどニヒルに笑う人
どこか世間を皮肉った話し方をする
見た目も所作も冷静沈着
なのに、
たまに驚くほど感情的になる
滅多に出さないので知る人ぞ知る
雪明殿は知っていたり、知らなかったり、、、?
知らないふり?
雪明殿のライバルであり、同じ師から学ぶ仲間というか同志
家柄と父譲りでマルチになんでもこなせるところは雪明殿とも同じくらいの実力派
術も技も優れていてたまに雪明殿もハッとするほど
ただ、
『どちらが愛弟子か競い合うのはやめたほうがいいと思うけど』
とは、雪明殿の心中
式神使いや調伏、祓えではどうしても雪明殿には勝てないと実感してる分、
他の分野では絶対に負けたくないと思ってる
コツコツと地道に努力するタイプで、
他人にはそのようなところは見せない
実は父親想いでご自身の官位が憲忠殿よりも上がってしまったときに
ある行動に出られたり、、、
本気の恋愛には真剣に情熱的に出られることも、、、
結構若い頃に長子の光忠殿をもうけてる


 
 

在御門光忠殿アップ改.jpg

在御門 光忠 殿【あきみかど みつただ】

 

陰陽師
【暦生得業生(れきのしょうとくごうしょう)】
忠保殿の長子、双子の弟がいるとかいないとか?
10歳代
雪明殿より15歳ちょい年下
若さゆえに熱い心を持つ
陰陽師としては優れた才能や実力もあり、才気走るところが玉にキズ
正義感を表に出してしまうことがあり、
自分より上官に向かってハッキリとした物言いまでしてしまうことがある
じぃじの心中をたまにハラハラさせてしまう、、、
けど憲忠様は決して感情を表に出さない御方
ただ、やはり可愛い孫なんでしょうね
父同様雪明殿のことをライバル視している様子
ちょいと小生意気なところもあるけど
やはり祖父、父、雪明殿のことは尊敬している
お家柄から言葉遣いも所作も美しい


 
 

在御門 憲忠 様【あきみかど のりただ】

 

じぃじ:忠保殿の父、
雪明殿と忠保殿の尊敬する恩師
お仕事はマルチになんでもこなせる御方。
実はスーパー陰陽師?
年齢的にも現場は若い方々に任せてる
【陰陽寮(おんようのつかさ)陰陽頭(おんようのかみ)】
陰陽博士でもある
陰陽寮で一番偉くてすごい人
責任者でもある
規律にも厳しいけど、
人道を重んじる感じ
規律を破ると他人身内問わず
厳しく罰する
自他共に感情に左右されない御方
家柄とかより本人の能力を見極めて認め育てあげることが得意
そして、
こんちゃんがやりすぎると止めてくれる心優しき人でもある
実はこんちゃんとヒミツの約束とか、
してたりするかもね
心中は、、、とか雪明殿も忠保殿も知らないことかな

 

ほかにご縁のある皆様方

 

春松卿【はるまつきょう】

 

見目麗しい宮様
若い時から世を儚(はかな)んで
政界に興味を持つことはしない。
雅楽演奏の達人で中でも龍笛(りゅうてき)の名人
あるきっかけで鬼と演奏を競い合うことになる方

 
 

あやめ【五月花】

 

雪明殿とたま〜に一緒にいる謎の女人
子供っぽいところがあり、
雪明殿の式神では?ともっぱらのウワサ

 
page top